読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクのグルメ

映画やゲーセンが好きなオタク(小島 優 @nekonekojima)のブログです

”劇場版艦これ”を観なければならない4つの理由(ネタバレなしver)

f:id:nekonekojima:20161130214620j:image

 

どうも、ディオメディアの回し者、小島優です。

 

皆さんはもう”劇場版艦これ”、もう観られたでしょうか?

 

……いやクソアニメはちょっと。

……様子見してからかなー。

……アニメは見たけど流石に期待できない。

 

 

この記事はそんな方に向けたPR記事でございます!いやもう理由とかいいんだけどさ!とりあえず見とけって!

 

①大迫力の戦闘シーン

いや言いたいことはわかりますよ、だってだせえもん海の上ツーっとすべるの…最初アニメのPV見て赤城さんが仁王立ちで滑っていった時この世の終わりかと思いましたよ、なんだよそれは…ふたごじまの氷床パネルかよ…どんなシリアスなシーンだってツーっと滑られたら豪鬼瞬獄殺だと思って身構えちゃうじゃん。

 

とかアニメ見た時散々言ってた僕ですが劇場版を見て意見が変わりました。まあやっぱりダサいはダサいんですがカットと描写でそこは上手く誤魔化している。いや、誤魔化しているなんて陳腐な表現では足りません、昇華されているとでも言うべきでしょう。

戦闘シーンでは艦娘のアップが多用され、機動力の表現よりも砲撃のシーンを多く挿入することによりめまぐるしく戦場が目まぐるしく移り変わる姿はまさに草川啓造ワールド、初めてエルフェンリートリリカルなのはを見た時の感動が蘇ってきます。

 

 

②明かされる設定

この映画では今まで明言を避けられていた艦これに関する設定がボロボロ出てきます、艦これ生みの親であるところの田中謙介氏が制作協力をしているせいかそこに一切の妥協はありません。ケツに火が付いてきたタイトルなんで最後に一花咲かせてやろうとするその姿勢はTRPG終了時にやたらネタバレを喋りたがるGMそのもの、わかる、わかるぞその気持ち…田中…お前は俺だ…

 

 

③”あの”艦娘が大活躍

劇場版という大舞台ですが鳥海や龍驤天津風に天龍のようなあまりアニメで活躍の機会が無かった艦娘にも大きくスポットライトが当たっているのが今作の特徴です、また全編通して夜戦が主体なため駆逐、軽巡の多くが活躍の機会を得られるシナリオになっています。自分の嫁艦が動いているかどうかだけでもチェックしにいく価値があります、幸い明日は1日で映画が安いぞ!

 

④整合性のあるシナリオ

いや当たり前じゃんって思われるかもしれないけどね…学年でビリだったギャルが赤点取らない位に成長したんだよ…褒めてあげようよ…

 

実際アニメのようにシリアスと日常をキッパリ分けるヒロポンシナリオではなく、基本戦闘を軸としたシリアスなシナリオ、束の間の日常が上手く配分され違和感は特に感じませんでした。

 

 

 

 

全体的に本当にあの合体事故みたいなシナリオから良くぞここまで立て直したな…という印象が強く、アニメを全話見た人に送るボーナスステージだと思います、気になった人は是非劇場に足を運んで下さいね。

何故聖剣使いの禁呪詠唱は3ヶ月で死んだのか

f:id:nekonekojima:20161124235949j:image

 

先日、聖剣使いの禁呪詠唱-スクールオブセイヴァーズ-の稼働停止が言い渡されました、享年3ヶ月、大注目作品のスマホゲーム化としては余りにも早すぎる死で嘆き悲しんだ人も多いんじゃないでしょうか。

 

一応追悼記事として良かった探しをする予定だったのですが余りにも余りな出来のゲームだったので面白ポイントの羅列みたいになっちゃいました…ごめんなアソビモ…俺はお前を救えなかった…

 

まずこの記事を読んでくださっている方は聖剣使いの禁呪詠唱-スクールオブセイヴァーズ-は当然プレイ済みだとは思うのですが一応どう言ったゲームか説明させていただきますと、オンラインで協力しながらmobを倒していく白猫プロジェクトの強化版みたいな感じのゲーム性です、アケゲー勢的にはシャイニングフォースって言うと伝わりやすいと思いますf:id:nekonekojima:20161124224556j:imagef:id:nekonekojima:20161124224602j:image

 

まあ散々大コケしたシャイニングフォースのフォロワー的作品な時点で勝ちの目が一切見えない禁呪詠唱くん、正直稼働直後に抱いた感情はボーダーブレイクの待ち椅子として使われていたSFC水樹奈々の曲が流れるジュークボックス、休憩椅子扱いされていたSFCと同じコースになるな…でした、せめてこのアプリもALIPROの音楽が流れるアプリであれば…

 

それでは禁呪詠唱の思い出を振り返って行きましょう

 

①原作の魅力的なキャラクターは”敢えて出さない”

2015年1月、余りにも唐突に現れたそのアニメは視聴者の度肝を常に斜め上にブチ抜いてくる余りにも余りなアニメでした…同クールに放送されていた艦隊これくしょんと併せ、ディオメディアクソアニメ二神と呼んでいたのも今ではいい思い出です。

f:id:nekonekojima:20161124230119j:image

通称”そのためのヤシの木”に始まり

 

f:id:nekonekojima:20161124230151j:image

クソダセェ分身

 

f:id:nekonekojima:20161124230211j:image

最終話のギザギザ状態、ととにかく話題は尽きませんでした。

 

また、”綴る!”や”思い…出したっ!”など印象的なセリフも多くネタにしつつも愛着の湧いていたファンも少なくありませんでした。

 

しかしこのゲームの主人公はあくまで主人公の操るオリジナルキャラクター、原作のキャラクターはあくまで別の学校からちょこちょこクビを突っ込みにくる程度の存在です。

f:id:nekonekojima:20161124230745p:image

インヤン・クリカラ!!を聞いたのもかなりプレイした後だったのはいい思い出

 

なのでこのゲームはアプリオリジナルの金髪キャラとよくわからんモヤシオタクと共に基本進行していきます。

 

一応フォローとして魔法キャラクターが攻撃の際に綴る!と叫んだり、新たなアビリティを習得すると思い…出した!と叫びながらくるくる回転したりとアニメファン的にクスッとくるような描写はありました。

 

 

②面倒すぎる強化

このゲームの強化は基本的に

・武器や防具の強化

・アビリティの習得

・授業によるステータスアップ

の三本の柱によって成り立っています。

前者二つはドロップ素材やお金を使用して強化していくのでまだいいのですが問題は一番最後の授業、これが指定された時間(15分とかだった記憶がある)ゲーム画面を開きっぱなしにし、他の操作を一切しなければ強化されるというものでした。

当然別アプリをプレイしたら時間は進まないし授業中に他の操作は出来ません、スマホをスリープにしても時間が進みません、このご時世にそんなストレスフルな仕様が許されるのかよ…

 

③大量の進行不可バグ

当然吹けば飛ぶような予算しか貰っていないであろう禁呪詠唱には致命的なバグが多発しました、僕がプレイした中で一番多く面白かったのは、一人用モードに入ったら何故かオンライン部屋に閉じ込められた挙句進行不可になるというバグでした。

f:id:nekonekojima:20161124232352p:image

画像は進行不可になったせいで踊るしかなくなった僕と見知らぬ誰か

 

 

④そもそも課金要素が弱い

禁呪詠唱における課金要素とはキャラクターのアバターガチャのみでした(一応回復薬とかもありましたがあれ回した人いるんすかね…)

 

昨今pay to winなゲームは否定されつつあり、話題のグラブルやFGOは課金せずともかなり楽しめ、多少お金を入れると更に楽しめるつくりとなっています、シャドウバースなんて以ての外ですね。最近話題のデュエルリンクスなんかもガチャよりは海馬くんを頑張ってボコボコにする方が期待値良いです

しかし、そういったゲームも課金によって強くなれる要素があるのは否定できません、だってゲームだし、経済活動だし、多少は仕方ないよなってプレイヤーのほうでもある程度共通認識は出来上がっているように思います。

 

しかしこの禁呪詠唱、課金によってキャラクターの強さは1ミリたりとも変動しません、本当に見た目だけです…同じ課金システムのマビノギだって月いくらか払うと超絶有利になるベーシックインカム制度+課金衣装ガチャ(中にはプレイヤーが有利になるアイテム入り)とかだったのに…

 

僕の周りにいた禁呪詠唱でテッペン取ると豪語していた”ガチ”おじさんもpay to winするつもりだったらしく、寂しそうな背中を見せていました…

 

⑤トドメを刺した”データ移行不可”

このゲーム、近ごろのスマホゲームとしては珍しくデータ移行が出来ないんです…

公式のとったアンケートではiPhoneユーザーが5割いるゲームだったんですが丁度みんなが飽きつつあった頃にiPhone7が発売され多くのアクティブユーザーが離れる結果となりました

僕もまさにその口で流石に一からやり直す気は起きませんでした

 

⑥スタッフの気合いは伝わるゲーム

一応ギルドのようなものがあったり、対人戦が出来るかも知れなかったり、鋭意制作中のコンテンツが大量にゲーム中に転がっているゲームでした、これだけネタにしといてアレですが凄く頑張ってスタッフの方が面白くしようとしているのは伝わるんですよ、課金要素を抑えたのもひとえにスタッフの方がめちゃくちゃ良い人なんだと思います 。ただ時間も予算も足りないせいか中途半端なアウトプットになってしまっているのがやるせない気持ちにさせてくると言いますかね…

 

 

とまあこんな感じで死ぬには惜しいゲームだったといいますか振り返ってみると俺このゲーム結構好きだったんだな…チクショウ…という気持ちになります…きっと今死んでも来世あたりでこのゲームの失敗の記憶を思い出してもっと良いゲームを作ってくれることを祈ります

2016年アニメ映画総評

みなさまお久しぶりです、2016年は邦画当たり年と言われているみたいですね。

貞子VS枷椰子、日本で一番悪い奴ら、HiGH&LOW、シンゴジラ、グッドモーニングショーと個人的にも大ヒット作品が多く非常に充実した年でした。

 

そしてそれはアニメ映画も例外ではありません、素晴らしい作品だらけでしたので一年の締め括りに時系列順に振り替えって見たいと思います(私の見たものに限る)

 

1/8公開 傷物語 1-鉄血編-

もう何年待ったかわからないこのタイトル、シャフト仕事しろ。

内容はもはや安定感~~~~~って感じの出来で一番最初のタイトルなのに言うことないんですよね・・・

クビキリOVAも出たらしいんですが観測範囲で買ってるオタクを見かけないんで西尾自信ニキ誰か教えてください。

 

 

1/9公開 ガラスの花と壊す世界

自分のことを一度でもめんどくさい百合厨だと思ったことがある方はとりあえず見てください

 

1/9公開 KING OF PRISM by PrettyRhythm

言わずと知れた超有名作品ですね、思えばここから今年の良作フィーバーが始まった気がします

鋼の6Packで笑い、無限ハグで常人の脳を置き去りにしたそのセンスは絶対製作がハーブキメていたろうと

思わずにはいられません、応援上映の文化がオタクに広まったのはここら辺でしょうか、最近では何でも

応援上映していて趣を感じます。

 

1/23公開 PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth

長かったP3映画もこの第四章で完結です、第一章を見に行ったとき親子連れの小学生がこの主人公いつ死ぬの

ってお父さんにしきりに聞いていたのもいい思い出です、特に言うことはありません、原作をプレイ済みの人は

絶対観に行ってください、アニメが感動的過ぎてほぼ100%その場で泣いてしまいます。

 

2/13公開 selector destructed WIXOSS

こんな劇場版を待ってたんだよ!!!!!!!

総集編ではあるのですが、原作のダルかった部分は全てカット、大人気キャラクターのアキラッキー☆の活躍は

余すことなく描かれており、とにかく面白いものを詰め込んだおもちゃ箱のような出来になっております。

 

2/20公開 同級生

腐ってる方達がチンパンジーみたいに手を叩いて喜んでいたのできっと素晴らしい出来なんだと思います。

 

2/27公開 探偵オペラ ミルキィホームズ逆襲のミルキィホームズ

ふたりはミルキィ以降泣かず飛ばずのダメダメ作品と化した本作、登場人物のダメダメ度と面白さは

反比例しているから仕方ないよね・・・

しかしこの作品はそんな悪しき風習を吹き飛ばすパワーを持っていた!

登場人物一人残らず屑!

4秒に一回は飛び交うお下劣ネタ!

俺たちの求めていたミルキィはここにあった!

 

 

4/23公開 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~

一期の総集編である今作、特にキテレツなことはしていませんがとにかく面白い。

面白い作品を堅実にまとめるだけでこんなにも面白いものが出来上がるというお手本のような作品です。

百合としてはあまりにも空中戦が過ぎる本作なのでY染色体は要らないけど男と恋をするってのは百合なんだよな

っつて見るのがおすすめです。

 

4/23公開 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

社長が楽しそうでなによりです

 

7/9公開 KINGSGLAVE FINAL FANTASY XV

なにをやっているかはよくわからないけどとにかくおしゃれなことは伝わってきます

実際はFFXVが出てから見直すと良さげな作品ですね、FF要素がチョコボ位しかないところが要チェックです

 

8/19公開 傷物語2 -熱血編-

女子中学生に囲まれながら羽川さんのパンツを見れるのは本作だけですよ

 

8/26公開 君の名は。

 異例の大ヒットを記録した本作、minoriにいた頃の新海がこうなるとは誰が予想できたのであろうか

どうせ新海作品だし恋愛関係こじれるやつやろとか思ったらそうではなく、非常にスッキリとした

終わり方で全体的に清涼感のようなものを感じた作品でした。

 

 9/17公開 聲の形

なんか、昔似たようなことがあったな・・・と思い当たる方は是非見てください、きっと刺さるはずです

 

10/15公開 ゼーガペインADP

総集編を越えた総集編・・・という耳にタコが出来るくらい聞き飽きたキャッチフレーズの本作

ですが本当に総集編という枠組みから外れた素晴らしい構造の作品でした、原作見ている方は絶対見てください

作画はお世辞にもいい出来とは言えず、10年前の使い回しも多い本作ですが足りない予算をスタッフの

熱意で補っている良い例です、これだけスタッフから愛されている作品はなかなかないんじゃないでしょうか

 

11/12公開 この世界の片隅に

俺も最初は物知顔のうまぶりオタクが眼鏡クイクイしながら良さ語っちゃう系のしょーもな作品だと思ってて

半分小バカにするために観に行きました、しかしそこに待っていたのは圧倒的なリアル描写

戦争の恐ろしさを伝える、何てことはまぁ副産物みたいなものであくまで流されやすい主人公のすずさんの

日常がメイン、流されやすくとも、その先で選んだものは自分の責任だし、得たものは自分のなかで

宝物足り得るというテーマに非常に共感してしまいどんどんのめり込んでしまいました。

 

 

さて、こうして振り返ってもやはりアニメ映画を観に行って外したなーと思うことがほとんどない年でした

(ちなみに僕のなかで一番外したと思ったのはgdgd妖精を観に行ったら冒頭30分でなりヒロwwwとかいう

この世で最もつまらないアニメを見たときです)

 

そしてことしの総決算、〆のアニメが今週末劇場で公開されるわけです!

みんな!!!艦これ!!!見ような!!!お兄さんとの約束だぞ!!!

生徒会の一存の謎ポーズを許すな(2016冬アニメ評価)

f:id:nekonekojima:20160115185440j:plain

みなさまお久しぶりです、ねこねこです。

 

この画像の子達、やりたくないことを無理矢理やらされ、みんな死んだ目をしていますね、僕も仕事中大体同じ目をしています。

 

続きを読む

索敵で勝つ

俺はね、怒ってるんですよ…

人が折角キモオタ根性丸出しでQMAで女の子脱がしてる間にね…

f:id:nekonekojima:20150329074038j:plain


隣にカップルで座って
「◯◯君こんなのやってるのw意外〜」
「オタクっぽくて引いた?」
「ううん!私もアニメとか見るし◯◯君の頭いい所ちょっと意外で惚れ直したw」










惚れ直したじゃねえよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!

QMAで脱がすのは遊びじゃねえんじゃダボハゼがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!



いや本当にワンダーやりに行くのに必ずディズニーツムツムアーケードとプリクラコーナーを横切らなきゃ行けないの辛いんですよ……完全分煙みたいな感じで完全分オタクして貰えませんかね……こっちは職場に来たインターンの子に「ねこねこさんってどんなアニメとか見るんですか?え?なんでかって?アニメとか見てそうな顔なので」とか言われたんだぞ……





さてタイトルの話です、正直この記事が合ってるかはイマイチ自信は無いですが…

・まず索敵って?

索敵っていうか偵察なんですけど、まあ響きがいいのでここは索敵で一つ

偵察(ていさつ 英:reconnaissance)、敵をはじめとして様々な事柄についての情報を、目視観測などの手段を通じて能動的にかつひそかに(威力偵察の場合除く)収集する活動である。(Wikipediaより)

このゲームは自軍キャスト周囲と自軍兵士周囲が常に索敵されているゲームです、比較的索敵範囲は広く意識せずとも索敵は行えてしまいます。


・じゃあ索敵を意識する必要なくない?

あります(断言)
基本的には索敵範囲で索敵の行えない森の中、空いてしまったレーンが対象になります

まず、空いてしまったレーンは索敵とか問わず基本埋めるべきです、1:2の場所の戦力差は2倍で、2:3の場所は1.5倍ですが1:0の場所がどれ位有利かは語るまでもないですね。また3レーンに広がる事により効率よく経験値を集めることが可能です。

敵陣、自陣の森に入ってしまった敵キャストに対して注意チャットを打つのもなるべく忘れないようにしたいです。

余裕があるならミニマップに敵が4枚写っていない時に自キャストの回復ついでに帰城して怪しそうな所を目視巡回出来る貴方はかなりのイケメンです、イケメンは死ね!!!ディズニーツムツムでもやってろバーカ!!!


・じゃあ索敵の効果って?

大きく3つに分けますと
1.防衛力が上がる
2.凸力が上がる
3.戦闘力が上がる


・1.防衛力が上がる、について
これは説明するまでも無いですね、真ん中より上で凸に行きたそうなキャストを補足して心を折る、空いているレーンを埋め、速攻でラインを上げられるのを防ぐ、自陣森に入られてしまった場合に迅速な対応が出来るとかが主な効果です。
また、敵の凸枚数に対して適切な枚数での防衛が行えます。

・2.凸力が上がる、について
まず、敵が4枚写っていて前のめりな状態、この時凸ると全国対戦ではよっぽど殊勝な奴でなければ防衛に来ません、尚よっぽど殊勝な奴ってのは大体上手い奴なので前線から上手い奴を一人下がらせる効果もあります、2枚防衛に来たらもうガン有利です、貴方が粘れば粘るだけ試合は有利な状況に傾いて行きます。
レーンが空いているのならそこを駆け上がるのも一種の凸だと思います、速攻でラインを上げて奥砦を落とすとかなりゲージが有利になります、アリスやミクサならば奥を落とした後WSを絡めて城に兵士を流し込めればほぼ勝ちです
また、森の中を索敵していることで防衛の有無がわかり、比較的容易に凸る事が可能です、森の中に入ろうとしてストレート貰って仕方ないからレーン行こう…とかのあるあるパターンが回避出来ます

・3.戦闘力が上がる、について
無傷で敵の居ない敵陣の森の中に入る、という行為がどれだけ強いかに関しては説明不要ですね、ちなみに悪いオタクのための話ですがバックアタックをすると+5pされます、ポイ厨で食って行きたい悪いオタクは森からバックアタックでキャストキル取るのが一番効率よくポイント稼げるんじゃないでしょうか。
また4枚写っていれば敵のキャストがどこのレーンにフォローに行ったかがわかります、早い段階でそれを知ればフォローに行かれたレーンを捨てて他を取りに行くかの判断も容易です。
自軍の森を索敵することによりバックアタックを貰わず、一方的にバックアタックを行える有利な戦場を作り出す事が可能です



敵より多くの情報を知ることが出来れば不利格差も覆す事が可能です、諦めずに頑張りましょう!意外と俺みたいな回数Aランの場合があるぞ!

クリスタルブーツで戦闘に勝つって?

この前友人に言われて気づいたんですがこのブログ、ワンダーランドウォーズで検索するとかなり上位に来るんですね、ありがとうございます、モチベーションが高まったのでなるべくブログを更新していきたいと思います。

続きを読む

オフ会&ランカー記念

いやね、わかってるよ、今現在のランキングがただの課金ランキングだって
でもさ嬉しいじゃん!やっぱり自分の名前がランキングにあるってめっちゃ嬉しいじゃん!
もうね、仕事場でニヤケちゃった訳よ
上司にねこねこ君顔がいつもより気持ち悪いよ?とか言われちゃった訳よ
顔が悪くても金と時間があればランキング載れんるだよってことを証明していきたい!って上司に仕事を押し付けて定時で上がったよね

ってなわけでドヤ顔でペター
f:id:nekonekojima:20150304144916j:plain

ここまで頑張れたのはこのゲームの面白さもさることながらマッチして頂いた皆様のおかげです、これからもよろしくお願いします



更に宣伝
池袋GIGO様が3/29に開く大会の後オフ会を予定しています、技術を共有したい方、趣味の友達を増やしたい方、wlwのやる気がある方なら参加条件を問いません、是非ふるってご参加ください。



最近の全国

スタートダッシュ効果が切れてきたのか対面した方が上手い方増えてきて本当辛いです…キャストごとにこの人上手いなって感じを纏めると

・サンドリヨン
キャストと兵士を狙いながらドローを描ける
クリスタルブーツの使い方が上手い
誰もいないレーンの処理が早い

・吉備津彦
奥拠点を落とす時前線に兵士をしっかり処理して送らせない
砦や森での白兵が尋常じゃなく上手い

・美猴
相手側の森に入るべき場面と守るべき場面を理解している
常にキル取るときは怒髪天が発動している
吸命や妨害されない位置からの如意暴風をガンガン振れる

・アリス
びっくりさせちゃえ!を当てるのが上手い
防衛に回れる
おおきくなるよ!で巨人または拠点をしっかり処理できる

・ミクサ
巨人の対処が早い
後半防衛に回れる
ホーリーインフェルノで拠点を落とせる

・ピーター
回復を全レーンに撒ける
敵キャストが動きにくいようストレートを振れる
WSのタイミングが神

・フック
自分のいる縦2レーンを落とせる

・シレネッタ
回復を全レーンに撒ける
味方が前出たタイミングでws使える
ドローでレーン戦が出来る


って感じですかね、相手してて嫌だなぁと思った事なんで使い込んでる人達にはもっと色々あるんでしょうけどね、それは廃プレイおじさん達におまかせしようと思います…



・雑談
そこそこ人気が出てきたせいか別ゲーのランカーさんをよく見るようになりましたね…lovやGSはプレイしていないので実はよくわからないのですがBBやcojや大戦とかのプレイヤーさんも増えてきて、た◯うさんや魔法のラ◯プさんや花田勝◯が出てくるたびあぁ俺はまたこの人達にボコボコにされるんだもうおしまいだぁ…って頭抱えてます…