オタクのグルメ

映画やゲーセンが好きなオタク(小島 優 @nekonekojima)のブログです

2016年アニメ映画総評

みなさまお久しぶりです、2016年は邦画当たり年と言われているみたいですね。

貞子VS枷椰子、日本で一番悪い奴ら、HiGH&LOW、シンゴジラ、グッドモーニングショーと個人的にも大ヒット作品が多く非常に充実した年でした。

 

そしてそれはアニメ映画も例外ではありません、素晴らしい作品だらけでしたので一年の締め括りに時系列順に振り替えって見たいと思います(私の見たものに限る)

 

1/8公開 傷物語 1-鉄血編-

もう何年待ったかわからないこのタイトル、シャフト仕事しろ。

内容はもはや安定感~~~~~って感じの出来で一番最初のタイトルなのに言うことないんですよね・・・

クビキリOVAも出たらしいんですが観測範囲で買ってるオタクを見かけないんで西尾自信ニキ誰か教えてください。

 

 

1/9公開 ガラスの花と壊す世界

自分のことを一度でもめんどくさい百合厨だと思ったことがある方はとりあえず見てください

 

1/9公開 KING OF PRISM by PrettyRhythm

言わずと知れた超有名作品ですね、思えばここから今年の良作フィーバーが始まった気がします

鋼の6Packで笑い、無限ハグで常人の脳を置き去りにしたそのセンスは絶対製作がハーブキメていたろうと

思わずにはいられません、応援上映の文化がオタクに広まったのはここら辺でしょうか、最近では何でも

応援上映していて趣を感じます。

 

1/23公開 PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth

長かったP3映画もこの第四章で完結です、第一章を見に行ったとき親子連れの小学生がこの主人公いつ死ぬの

ってお父さんにしきりに聞いていたのもいい思い出です、特に言うことはありません、原作をプレイ済みの人は

絶対観に行ってください、アニメが感動的過ぎてほぼ100%その場で泣いてしまいます。

 

2/13公開 selector destructed WIXOSS

こんな劇場版を待ってたんだよ!!!!!!!

総集編ではあるのですが、原作のダルかった部分は全てカット、大人気キャラクターのアキラッキー☆の活躍は

余すことなく描かれており、とにかく面白いものを詰め込んだおもちゃ箱のような出来になっております。

 

2/20公開 同級生

腐ってる方達がチンパンジーみたいに手を叩いて喜んでいたのできっと素晴らしい出来なんだと思います。

 

2/27公開 探偵オペラ ミルキィホームズ逆襲のミルキィホームズ

ふたりはミルキィ以降泣かず飛ばずのダメダメ作品と化した本作、登場人物のダメダメ度と面白さは

反比例しているから仕方ないよね・・・

しかしこの作品はそんな悪しき風習を吹き飛ばすパワーを持っていた!

登場人物一人残らず屑!

4秒に一回は飛び交うお下劣ネタ!

俺たちの求めていたミルキィはここにあった!

 

 

4/23公開 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~

一期の総集編である今作、特にキテレツなことはしていませんがとにかく面白い。

面白い作品を堅実にまとめるだけでこんなにも面白いものが出来上がるというお手本のような作品です。

百合としてはあまりにも空中戦が過ぎる本作なのでY染色体は要らないけど男と恋をするってのは百合なんだよな

っつて見るのがおすすめです。

 

4/23公開 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

社長が楽しそうでなによりです

 

7/9公開 KINGSGLAVE FINAL FANTASY XV

なにをやっているかはよくわからないけどとにかくおしゃれなことは伝わってきます

実際はFFXVが出てから見直すと良さげな作品ですね、FF要素がチョコボ位しかないところが要チェックです

 

8/19公開 傷物語2 -熱血編-

女子中学生に囲まれながら羽川さんのパンツを見れるのは本作だけですよ

 

8/26公開 君の名は。

 異例の大ヒットを記録した本作、minoriにいた頃の新海がこうなるとは誰が予想できたのであろうか

どうせ新海作品だし恋愛関係こじれるやつやろとか思ったらそうではなく、非常にスッキリとした

終わり方で全体的に清涼感のようなものを感じた作品でした。

 

 9/17公開 聲の形

なんか、昔似たようなことがあったな・・・と思い当たる方は是非見てください、きっと刺さるはずです

 

10/15公開 ゼーガペインADP

総集編を越えた総集編・・・という耳にタコが出来るくらい聞き飽きたキャッチフレーズの本作

ですが本当に総集編という枠組みから外れた素晴らしい構造の作品でした、原作見ている方は絶対見てください

作画はお世辞にもいい出来とは言えず、10年前の使い回しも多い本作ですが足りない予算をスタッフの

熱意で補っている良い例です、これだけスタッフから愛されている作品はなかなかないんじゃないでしょうか

 

11/12公開 この世界の片隅に

俺も最初は物知顔のうまぶりオタクが眼鏡クイクイしながら良さ語っちゃう系のしょーもな作品だと思ってて

半分小バカにするために観に行きました、しかしそこに待っていたのは圧倒的なリアル描写

戦争の恐ろしさを伝える、何てことはまぁ副産物みたいなものであくまで流されやすい主人公のすずさんの

日常がメイン、流されやすくとも、その先で選んだものは自分の責任だし、得たものは自分のなかで

宝物足り得るというテーマに非常に共感してしまいどんどんのめり込んでしまいました。

 

 

さて、こうして振り返ってもやはりアニメ映画を観に行って外したなーと思うことがほとんどない年でした

(ちなみに僕のなかで一番外したと思ったのはgdgd妖精を観に行ったら冒頭30分でなりヒロwwwとかいう

この世で最もつまらないアニメを見たときです)

 

そしてことしの総決算、〆のアニメが今週末劇場で公開されるわけです!

みんな!!!艦これ!!!見ような!!!お兄さんとの約束だぞ!!!