読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクのグルメ

映画やゲーセンが好きなオタク(小島 優 @nekonekojima)のブログです

サンド目の正直

と、いう訳でワンダーランドウォーズのロケテスト行ってまいりましたー以下軽く感想を

 

 

・プレイ料金について

SFCの様なチケット購入制です、100円で1枚、300円で4枚、500円で7枚

全国対戦や修練場(初心者が全国対戦前にCPU対戦するアケゲお約束のアレです)で2枚消費

ガチャで0~2枚消費(※下でガチャについては触れます)

カスタム画面で0~消費といった感じです

ガチャを引かないと一試合150円ですが戦国大戦の初期が一試合233円程度だった事を考えると最初だしそんなものかなぁという感じですね

 

・ガチャについて

現状試合終了時のみです、試合終了後6枚のカードが表側で現れ、その中からランダムで1枚入手できます、さらにチケットを1枚使用すると2枚入手でき、さらにさらにチケットを1枚消費することで3枚(計6枚)入手することができます

ここでダブったカードは自動的に合成され強化されます、効果時間や消費MPが減少します

また今回からオーバードライブと呼ばれるカードをガチャで引けるようになりました、これは取得すると自動的に使用されキャストを成長させることができます、成長したキャストはスキルスロットが空いたりスペックが上がったりします

ちなみにJGLの時のゴーレムはカードとして引けて付け替え可能です

 

・カスタム画面について

カスタム画面では各キャラのデッキの編集や称号の変更を行えます、60秒だか100秒だかまでは無料でそれ以上はチケットを消費することでカスタム時間を延長できます

 

・キャストについて

初期はサンドリヨンのみ、プレイしていくと吉備津彦、美猴、ピーターの順に解禁されていきます、残念ながらアリスは今回のロケテストではいないようです、なおJGLの時からの追加キャラとして人魚やフック船長やよくわからないショタなんかもいましたね

 

各キャラについて軽く、モチベーションがあったら後々詳しく書こうと思います

サンドリヨン

現状最も丸いとされているキャラ、目立った欠点もなく唯一まともなストレートショットを持っている事から扱いやすくかなり評価は高いようです、ワンダースキルも30秒間(多分)HPがかなりの勢いで回復するもので要は30秒間好きなことを好きなだけできる、と書いてあります、ただつよ

 

吉備津彦

ファイター(大嘘)、今回のロケテストから参加した桃太郎さん、ファイターとは名ばかりで味方全体の能力アップを得意とするキャラ、どうやら特に指定がない場合兵士とゴーレムにも味方全体の能力アップが適応されるようです、ストレートの威力は並かつ射程が低く若干の扱いづらさは否めませんが敵や拠点を貫通して打てる攻撃(拠点を貫通した場合拠点にダメージ)や能力Bufを活かした器用な立ち回りが出来れば強そうです、ワンダースキルは自身と味方の攻撃力アップ、ゴーレムの処理や拠点を攻撃したり味方が不利な時に飛ばしたりと応用力が試されます

 

美猴

みんな大好きおさるさん、彼の代名詞の如意暴風は未だ健在、おそらくJGLの時から発動までのディレイ増加、効果時間微短縮、連続ヒット数減少されていますが避けにくい高威力という点がやはり魅力的で私はその為だけに美猴のアシストを速度上昇にするべきだと思っています、ストレートは当たればピーターが半分消し飛ぶほどの威力ですが射程が短く、ドローも射程が短いためレーンでなく森の中を駆け回りピンチの味方の目の前の敵に如意暴風こすって帰るようなゲリラ的な戦法が良いと思います、ゴリラだけに

ワンダースキルは前回と一緒なので割愛

 

ピーター

唯一使ってないので正直わかってないキャラ、高い速度回復を活かし戦場を駆け回ってみんなの回復やサポートに回るのが好きな方におすすめです、相手をスタンさせるスキルが追加されておりヒットすると尋常じゃない時間スタンする(十秒くらい?事実上の死刑宣告)のでそのスキルを中心に使われると非常に面倒です、ワンダースキルは…なんだろう…わかりません…

 

・その他色々について

とりあえずE5ランクカンストまではあっという間なのでカード集めてキャストを育てつつまったりやるくらいでいいかもしれません、あとは極秘のテクニックなんかを発見したりして全国稼働したらスタートダッシュを切れるようにするのもいいですね、発見した際は@nekonekojima までご一報お願いします、土下座して感謝します